不動産査定

不動産の売却を検討する際、まず知っておかなければならないのが、不動産の査定についての知識です。 不動産を売却するためには、査定によって正しい価値を算定します。そして、算定された価値にもとづいて、販売価格が設定されます。

その価格をもとに、希望の条件とマッチした買主との交渉が始まります。 そして、その交渉が無事成立することによって、不動産の売却が実現するのです。 不動産の査定には、大きく分けて二つの種類の査定方法があります。

・簡易査定とは?

不動産の売却は、その検討段階によって、査定の方法が異なります。

ひとまず相場を知ってみたいといった、検討初期段階の方には、不動産の簡易査定がオススメです。

売却を予定している不動産の物件概要や、周辺地域の取引データをベースに、机上査定を行ってもらうのが簡易査定となっています。 また、簡易査定では、メールや電話で査定結果の報告を受けることができます。

・訪問査定とは?

既に具体的な売却予定や住み替え予定を立てている人にとっては、簡易査定よりも具体的な査定価格を知りたいところです。

検討段階が進んでいる人に最適なのが、訪問査定です。

不動産会社の仲介担当者にて、関係法令を含めた対象不動産の調査を行ってもらい、さらには、住まいの内外装のチェックも受けた上で、最終的な査定価格の報告を受けます。

担当者による訪問の上、査定結果を聞くことができますので、その際に、具体的な相談や要望を伝えることができるのが、訪問査定のメリットです。